青森県のお店情報発信サイト お得な情報やクーポン、イベント情報も! ぷらなび@ami'z

店舗リスト

グリル成萬
2月のカレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の日記
各月の日記
カテゴリ一覧
≪2月5日の賄い料理 2月7日の賄い料理≫

成田 友行さんの日記

2020年
02月06日
18:15

2月6日の賄い料理

 
今日の賄い料理は、

「エビフライ乗せそば」

です。

昨日の夜からとても寒くなりました。
これだけ寒くなると、家に帰ったら即布団に入ってしまいたいものです。

最近、同性の人の話を書いていると、自分は何が気持ち悪いと感じるかという事がわかってきました。

10代~20代前半あたりまでは、同じ男同士で内面に入り込んでの会話をするのが楽しく思っていたのですが、20代後半から徐々に男同士で内面に入りこんで来るのに抵抗を感じるようになり、今はかなり気持ちが悪く感じるように変わったと思います。

同性の人が同性の内面に入り込んで来ると文章にしてみると、とても気持ち悪い文章だなと思うのですが、今まで自分の周りの人を思ってみると、本当に内面に入り込んでくる同性というのが多かったような気がします。そこは自分の接し方にも問題があったと思います。
ので、文章に書いて自分がどう感じているかという事を認識する事にしました。

多分入り込んで来る同性の人も自分で自覚すると自分の気持ち悪さに気が付くのではないでしょうか、ちなみに、カップルや夫婦で異性が興味があるような目線をしていて、少しでも反応したら、即そこに同性が待ってましたとばかりに反応しているパターンもあります、これも、文章にしてみるとわかると思うのですが、かなり気持ちが悪いです。
多分やっているご本人達は、自覚していないのかもしれませんが、その異性の方も気持ち悪く見えてきます。

気持ちが悪いという表現が妥当だと思ったので、いつも気持ちが悪いと書きましたが、気色が悪いや、薄気味悪いという方がもしかしたら当てはまるかもしれません。

今までは、相手に合わせる様な気持ちでやってきたのですが、普通の人が大勢いらっしゃるので、無理して自分が気持ちが悪いと思う人に合わせるのは、もう辞めることにしました。
あくまでも、自分個人の感じ方なので、他の人はまた違う感じ方をもっていると思います。
ですが、気持ちが悪いと思う事は気持ちが悪いです。
もちろんですが、自分に関係無く他の人が、同性に対して内面に入り込んでいて喜んでいるのを見たとしても、それは関係ないので、別に関係無いと思います。書いたことは、自分が対象になった時だけの事です。


加藤諦三さんの本を読んだお陰だろうか、今までは、余計な事は書かないことにしようと思っていたけど、書いてることが正しいか間違っているかはわからないけど、自分が思っている事を率直に書けるようになったからか、今まで書いた後にもやもやした気持ちが残ったりしたのですが、今はなくなりました。

最後に一言「同性で内面に入りこんでくる奴は、気持ち悪いから近づきたくありません。」
カテゴリ
洋食 料理 賄い料理 五所川原 五所川原市
タグ