青森県のお店情報発信サイト お得な情報やクーポン、イベント情報も! ぷらなび@ami'z

店舗リスト

グリル ナリマン
11月のカレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の日記
各月の日記
カテゴリ一覧
≪11月16日の賄い料理 11月20日の賄い料理≫

成田 友行さんの日記

2018年
11月17日
17:25

11月17日の賄い料理

 
今日の賄い料理は、

「おにぎり」
「インスタントラーメン」
「厚揚げ豆腐」

です。


昨日は、加藤諦三さんの本を読んで、エネルギーのある感じにしようと思ったのですが、自分には難しそうなのでやめることにしました。

ちなみに、僕がどの本を読んだという言っても、軽く読んでいる感じなので、最初は本の考えに同調しても、そののち考えが変わることもあります。

加藤諦三さんの本を読んで良かったと思うことは、自分の好き嫌いがはきっりとわかった事です。

今までは、中学、高校時代の同級生がとにかく嫌いで、自分はどこかおかしいのだろうかと悩んだりしていたのですが、嫌いなのは嫌いで良い!というのがわかったからです。

厳密にいえば、嫌いというより、自分の人生の道に中学、高校時代の同級生が表れても無視して進もうという方が、的確かもしれません。
と書いていると、何故嫌いという表現になるかという事がわかってきました、無視して進んでいるのに、こっちを見て!と同級生がアクションしてくるのですが、それがに答えると、僕の方が見てきたんでしょう。という感じになり、僕からするとわざわざ自分の人生の時間を費やして、全く無駄と思えるあなた達にの方を向いてやったのにそれは無いでしょうと思うことがあったからです。
なので、自分の中で同級生というのは非常に迷惑で我儘な存在としか思えません。

突然自分の表現が僕から、私になりますが、
ここまで書いても、同級生は多分理解出来ないか、理解する気も無く、
私の道に現れて、私の貴重な時間を何としてでも奪おうとして来るんじゃないかと思ってしまいます。
時が経っても本当に、嫌な人達です。
ちなみに、理解してやっていたとしたら、人間のクズだと思います。

とここまで書けたのは、何週間か前に、母が、朝にラジオを聴いていたら、名前を忘れてしまったのですが、ある人のお話で、自分は、中学、高校時代の話をすると、とても憎しみが湧いてくる!という様な話をラジオで聞き、夏目漱石がその話を見たところ、作者の思いに感動して、寝間着のままその人に会いに行ったらしいです。もちろん僕もその話を聞いたら、とても感動しました。
母には、昔から僕は、中学高校時代が本当に好きじゃなかったと何度も話しているので、母は心配していて、僕自身も何故そうなのかと悩んでいたのですが、そのラジオの話を聞いた事に、僕だけがそう思っていた訳じゃないと、安心してくださりました。

というわけで、面と向かって嫌いという事はありませんが、これからは自分の好き嫌いの感情に正直に進もうと思いました。

ちなみに、母に確認したところ、とても有名な詩人で萩原さんという方のようです。
カテゴリ
洋食 料理 賄い料理 五所川原 五所川原市
タグ